芸能ニュースまとめチャンネル

    タグ:YouTuber


    ゆたぼん(本名: 中村 逞珂〈なかむら ゆたか〉2008年〈平成20年〉12月12日 - )は、日本のYouTuber。沖縄県宜野湾市在住。大阪府生まれ。青年革命家を自称し、自身のYouTubeチャンネルで「学校は行きたい時に行く」「不登校の自由」などを主張し動画配信を行っている。父親は中村幸也。…
    39キロバイト (5,569 語) - 2024年4月28日 (日) 00:26

    (出典 www.daily.co.jp)



    1 muffin ★ :2024/05/09(木) 16:25:50.26 ID:6KIxyL/L9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2024/05/09/0017632084.shtml
    5/9(木) 9:41配信

    YouTuberのゆたぼんが8日、Xを更新。編集者の箕輪厚介氏が、自身の子供が連休明けに学校に行きたくないと言ったことについて、ゆたぼんならではの助言を行い、ネットをうならせた。

    ゆたぼんは箕輪氏の投稿をリポスト。箕輪氏は「GW明けだからか子供が小学校をサボろうとするから学校行けって言ったら、ホリエモンが学校行かなくていいって言ってると返された。むずい」と投稿していたが、これにゆたぼんが反応。

    ゆたぼんは「ホリエモンが『学校に行かなくていい』って言ってるからといって学校をサボって、大人になってから困ってもホリエモンは責任を取ってくれない」と図星指摘。

    そして「人生の責任は自分自身」と直球コメントをつづり「僕も学校は行きたければ行けばいいし、行きたくないなら無理に行かなくていいと思う。でも、楽しめそうなら行ってみてもいいと思う」と投稿した。

    この投稿にネットは「学校行ってなかった人の貴重な意見!」「そうなんだよね その後の人生の責任は本人しかとれないんよ」「めちゃくちゃしっかりしてるなあ ほんとに高校1年か?」「経験者の説得力だなあ」などの声が上がっていた。

    【ゆたぼん、ホリエモンの責任放棄について語る!大人になる意味とは?】の続きを読む


    レズビアンカップルもいた。やむなく男性と結婚しバイセクシュアルで妥協するレズビアンもいた。小説にもレズビアンを否定的に描くものが現れ、レズビアン描写に対する検閲も強まり、女子大学でもかつての「ロマンティックな友情」は見られなくなった。レズビアン
    36キロバイト (5,181 語) - 2024年2月22日 (木) 12:45

    (出典 room.rakuten.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2024/04/28(日) 09:06:46.60 ID:SKA3REL59.net BE:466215312-2BP(0)

    (出典 img.5ch.net)

    4月26日、レズビアンカップルYouTuberの「はぴLIFE」(登録者数7万人)が妊娠を発表しました。

    レズビアンカップルが妊娠を発表
    はぴLIFEは、「みち子」と「ぽっち」による同性カップルYouTuberです。もともと2人は職場の店長と新入社員という関係で、2016年に交際をスタートしました。2019年、みち子がぽっちにプロポーズして“結婚”。2021年には横浜市でパートナーシップ宣誓をおこないました。

    同年、2人は妊活を始めると発表。しかし同性カップルが子どもを持つということに対し視聴者からは賛否両論が寄せられていました。

    妊活開始から2年半経った今月6日、2人はYouTubeを更新し、みち子が妊娠したことを発表しました。

    現在みち子は妊娠6カ月とのこと。安定期には入っているものの、ぽっちは「優しい感じでコメントをいただけたらなと思います」と呼びかけました。赤ちゃんの性別はまだわからないそうです。

    妊活発表に対して批判もあったため、公表を控えることも考えていたという2人。しかし、応援している視聴者や、同じような悩みを持つ人のために公表を決めたといいます。

    友人から*提供を受けて妊娠
    子どもは、友人男性から*提供を受けて授かったとのこと。海外の*バンクを使うことも考えたとしつつ、

    お父さんという存在が作れるんだったら作っといてあげたほうが子どもにとってはコンプレックスが1個減るのかな
    との考えから、友人から提供を受けたのだとか。将来子どもが父親が誰なのか知りたがったとき、「会わせられない、どういう人なのか説明もしてあげられない」よりは、近くで父親が見守ってくれるスタイルを選んだということだそう。実際、知人男性は安産祈願に同行するなど、家族行事にも参加しているといいます。

    みち子は妊娠を「すっごく嬉しい」としつつも、長らく妊活を続けていたせいで、「まだ信じきれていない自分がいる」と不安もある様子。ぽっちも、生まれた後の手続きや生活スタイルなど、現実的なことを考えて「あせあせしている」とのこと。お互いの家族はすごく喜んでいるおり、「すごくハッピームード」だとしています。

    2人は、これからは3人と愛犬1匹の「4人家族で頑張っていこうかなと思いますので、ぜひ皆さんも今後とも応援のほうよろしくお願いします」と呼びかけ、頭を下げました。

    https://yutura.net/news/archives/113945

    (出典 i0.wp.com)

    【レズビアンカップルYouTuber「はぴLIFE」が妊娠を発表】の続きを読む


    内田理央と交際のヒカル 週刊誌の質問メールを再び公開、SNS上で回答「YouTubeにするまでも…」

    “個人価値売買VALU、ユーチューバー「売り逃げ」騒動”. 日本経済新聞. (2017年8月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17H5P_X10C17A8000000/ 2017年10月1日閲覧。  ^ “人気YouTuberヒカルが懺悔 「甘くみていました」”…
    38キロバイト (5,324 語) - 2024年4月23日 (火) 11:57



    (出典 mdpr.jp)



    【内田理央と交際のヒカル 週刊誌の質問メールを再び公開】の続きを読む


    「動画のネタにされるだけ」ヒカルが熱愛認めた内田理央に集まる心配“恋多き女優”に「ヒカルが捨てられそう」指摘も


    ヒカル(1991年〈平成3年〉5月29日 -)は、日本男性YouTuber、歌手、実業家。本名は前田 圭太(まえだ けいた)。血液型はO型。兵庫県神崎郡市川町出身。 髪色が半分黒・半分金髪という独自ヘアスタイルや、高速なマシンガントークが特徴とされる。ReZARDというアパレルブランドを創立している。…
    38キロバイト (5,324 語) - 2024年4月23日 (火) 11:57



    (出典 www.jesleague.jp)



    【ヒカルが熱愛認めた内田理央に集まる心配】の続きを読む


    2021年8月3日閲覧。 ^ “「迷惑系YouTuber」とは何か なぜ迷惑行為を繰り返すのか”. ITmedia NEWS. 2021年9月23日閲覧。 ^ 編集部, ABEMA TIMES. “「“地味だけど楽しい”が評価される文化を」迷惑系YouTuberへずまりゅう」逮捕、どうすれば“過激コンテンツ”は防げる…
    40キロバイト (5,081 語) - 2024年3月17日 (日) 12:30

    (出典 kininaru-geinou-m.blog.jp)



    1 muffin ★ :2024/04/08(月) 19:29:04.24 ID:2AQ6TaWh9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/368db6fb647bff49ddd2df57dd6fde144a5f3916
    4/8(月) 19:15配信

    元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(32)が8日、X(旧ツイッター)を更新。自身を誹謗中傷した人に直接会いに行ったことを報告した。

    へずまは先月25日の更新で、自身に対する誹謗中傷をした8人に対し開示請求したことを明かし、本人に会いに行くと宣言していた。

    先月26日には「自分の家族に対し『お前の一族の血は腐っている』と何度も誹謗中傷した人に直接会いに行きました。場所は鹿児島県で年齢は58歳のババアでした」と明かしていた。

    今回は「開示請求をした神奈川県の無職48歳男性宅に弁護士と家庭訪問しに行きました」と報告。「警察を呼ぶと言われましたが敷地内には入っていないので建造物侵入に当たらないです。50万円で示談できたので彼の名前や住所は晒さないことにします。本人が貯金もなかったので親から搾取しました」とつづった。

    さらに「因みに彼からは何度も『お前はデブで顔面ブサイク親も嫁も気持ちが悪い』と言われてきました。まさに自業自得だと思います」と続け、「次は埼玉県女性宅に家庭訪問しに行く。ネットの誹謗中傷は撲滅だ」と宣言した。

    続きはソースをご覧ください

    【へずまりゅう、誹謗中傷者の自宅へ弁護士と訪問し50万円で示談成立】の続きを読む


    ゆたぼん(本名: 中村 逞珂〈なかむら ゆたか〉2008年〈平成20年〉12月12日 - )は、日本のYouTuber。沖縄県宜野湾市在住。大阪府生まれ。青年革命家を自称し、自身のYouTubeチャンネルで「学校は行きたい時に行く」「不登校の自由」などを主張し動画配信を行っている。父親は中村幸也。…
    38キロバイト (5,400 語) - 2024年3月26日 (火) 15:00

    (出典 johou-tenkomori-ch.com)



    1 muffin ★ :2024/04/08(月) 18:16:30.18 ID:2AQ6TaWh9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/14582212124120c39931399e2c23074b94a44d8a
    4/8(月) 17:17配信

    中学3年の1学期まで積極的な不登校を貫き、2学期からは学校に通ったが、高校受験で不合格となったYouTuberのゆたぼんの父、中村幸也氏が7日、Xに新規投稿。高校受験における「内申点」に「時代遅れ」「あと数年でなくなる」とつづった。

    この日は、ゆたぼんが高校進学せず、高卒認定試験を受験する道を選んだことへの意見へ反論した。

    「高校へ通う事が貴重な経験となると判断したからこそゆたぼん君は高校受験に挑んだのでは有りませんか?いつまでも学校否定ばかりされていても根本的な解決には至りません。不登校の子供が学校に戻れる様な案を出される方が建設的だと思いますが如何で御座いますか?」という意見には、「不登校の子を学校に戻すとかアホか?」と憤慨した。

    続けて「不登校の数は約30万人と過去最多。子どもたちは大人が経験してない多様性が尊重される社会に生きてんだよ。だから学校しか選択肢がないのも内申点なんてもんも時代遅れ。日本の学校教育が社会に追いついてないんだから変えるべきは日本の学校教育のほうだよ」と記した。

    「内申点は中学校でやった教育活動の成果を高校側に示す役割が有り、トータルで子供達の学力を見るという側面も御座います」と反論を受けると、中村氏は「時代錯誤な内申点なんてあと数年でなくなる」とカウンター。「ゆたぼんのように『学校に行かない』という選択をする子どもたちはますます増えていく。ゆたぼんも学校に行かないですごく貴重な経験を積み重ねてきた。学校に行く子も行かない子も、学びの機会が保障される社会にしていくのが大人のつとめ」と再反論した。

    【ゆたぼんの父が指摘する内申点の問題点とは?高校受験制度】の続きを読む

    このページのトップヘ