芸能ニュースまとめチャンネル

    タグ:宇多田ヒカル


    宇多田ヒカル、米津玄師、藤井風、乃木坂46…「COUNTDOWN JAPAN 音楽チャート」今週のTOP10(4月20日付)


    『JA全農 COUNTDOWN JAPAN』(ジェイエーぜんのう カウントダウン・ジャパン、ZEN-NOH COUNTDOWN JAPAN)は、TOKYO FMをキーステーションに38局ネットで放送しているランキング形式の音楽番組。2013年(平成25年)4月6日から現在のタイトルに変更された。 邦楽…
    39キロバイト (3,889 語) - 2024年4月1日 (月) 13:08



    (出典 www.drillspin.com)



    【COUNTDOWN JAPAN 音楽チャート 今週のTOP10】の続きを読む


    宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、Hikaru Utada、本名:宇多田 光(読み同じ)、1983年〈昭和58年〉1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。愛称はヒッキー。父は音楽プロデューサー・宇多田照實、母は歌手・藤圭子。アメリカ合衆国・ニューヨーク出身、ロンドン在住。…
    176キロバイト (19,962 語) - 2024年4月9日 (火) 17:09


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 muffin ★ :2024/04/13(土) 20:27:06.52 ID:IxbSZ6P19.net
    https://news.audee.jp/news/6CbAHjdNAw.html?showContents=detail

    (出典 news.audee.jp)

    2024-04-13 (土) 11:00

    山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜~木曜13:00~14:55)。今回の放送は、音楽博士のドクターキャピタルさんをリモートゲストに迎え、お送りしました。
    中略

    今回ピックアップするのは、デビュー25周年を迎えた宇多田ヒカルさんのデビューシングル「Automatic」です。同曲は1998年12月9日にリリースされましたが、当時のキャピタルさんはアメリカ在住。しかし、「アメリカでもうわさは聞いていましたし、デビューしたときはかなり衝撃的でした」と振り返ります。

    そんな宇多田さんの魅力を伺うと、「ほかのアーティストとは違うレベルで、J-POPと洋楽を1つにしましたね。“洋楽に憧れて音楽をやっている”というよりも、彼女は洋楽のアーティストそのもの。ヒップホップの要素や新鮮なリズムの取り方、メロディー、ソウルフルな歌い方、すべてが素晴らしい!」と称賛します。

    デビュー曲「Automatic」にしても、「歌い出しから素晴らしくて、“七回目”の“なな”を分けて、すごい間をつくっているのが新鮮。“な”と歌った時点では何の言葉かまだ分からないし、次に何がくるのか気になって、無意識のうちに曲に引っ張られている」とキャピタルさん。

    さらには、「リズムも独特な譜割りで、1行目だけでも、とても複雑だけどノリやすくて面白いし、歌詞とメロディーのフィット感も良くて、彼女のメリスマ(音の一節に対して複数の音が重なって歌い上げるテクニック)が本当に素晴らしい! その表現効果によって、ホンマに心を込めて歌っているのが伝わってくる」とも。

    しかも、リリース当時の宇多田さんは15歳という若さで、「ここまで高い完成度のものを15歳でできるのは、ありえないくらいにすごい! バックボーカルも美しくて、本当に“宇多田ヒカル”というジャンルになっている」と賛辞は止まりません。

    全文はソースをご覧ください

    【J-POPと洋楽の融合で話題の宇多田ヒカル「Automatic」の魅力とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ