イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。MLBシアトル・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター。 日本プロ野球(以下:NPB)とメジャーリーグベースボール(以下:MLB)で通算28シーズンを…
391キロバイト (45,586 語) - 2024年4月29日 (月) 13:41

(出典 career-buzz.jp)



1 フォーエバー ★ :2024/05/04(土) 09:56:31.11 ID:cVB0I8Iu9.net
5/4(土) 7:04配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800
現代ビジネス
写真提供: 現代ビジネス

----------
日本で、あるいは海外で球史に残る活躍を見せ、現役を退いたいまでも高い人気を誇るのがイチローだ。彼にはなぜ、際立ったプレーが可能だったのか。そして、どうして今でも人々の注目を集めるのか。運動科学の第一人者である著者による独自の分析を『レフ筋トレ 最高に動ける体をつくる​』よりお届けしよう。
前編記事<もしや、あなたもハマってる!? 運動科学者が指摘する「やればやるほど損をするダメな筋トレ」の特徴>
----------

やればやるほど損する「ダメな筋トレ」の特徴を運動科学者が解説!

イチローも大谷翔平も身体がゆるみきっている
Photo by GettyImages

 イチローの身体を考察するのにあたり、なによりも最初に指摘しておきたいことがあります。それは、彼が「徹底的にやわらかく、ゆるんだ存在である」ということです。驚くほどの柔軟性を見せるアスリートは数多(あまた)いますが、そのなかでもイチローの緩解度の深い柔軟性はひときわ抜きんでています。

 現役時代のイチローは、打席に立つたびに、ネクストバッターズサークルで股関節まわりや肋骨、そして肩まわりを十分にときほぐし、ゆるめる動作をしていたものですが、ファンでなくともそんな彼の姿を一度や二度、見て記憶している人は多いはずです。

 とりわけ両脚を大きく開いた状態からグーッと腰を落とす「腰割り」は印象的でした。イチローは、股関節をほぼ180度の角度で開脚し、両膝の関節が鋭角になるくらいまで腰を落とすことができたのです。股関節や膝関節を中心に、身体がトロトロにゆるみきっていないと、絶対にこのようなかたちにはなりません。

 このことから、イチローは身体をゆるめ、やわらかくするための、明確で専門的に工夫された体操法(もしくは運動法)を導入していたと推察できます。

イチローがトレーニングを否定した理由
Photo by GettyImages

 このように、「ゆる」むことは単なる身体現象ではなく、その人の精神性にまで深く関わることなのですが、ゆるみ方には選手ごとに違いがあります。

 たとえば、大谷翔平も身体が非常に「ゆる」んだ選手ですが、彼は主としてその天性によって「ゆる」むことができているように感じられます。理性を司る(つかさどる)ことから「人間脳」とも呼ばれる大脳前頭連合野で意図的、計画的に「ゆる」ませようとしてゆるんでいるのではなく、もっと深部にある大脳基底核と古小脳の相互の作用によって、それが可能になっていると私は見ています。

 これに対し、イチローは顕在意識のレベルで、固まらず、「ゆる」む努力をしていたと思われます。トレーニングに対する彼の発言からも、その姿勢がうかがえます。

全文はソースでお確かめください

https://news.yahoo.co.jp/articles/5fa14ffd989306fc3fcf208c1555b5708e7ec99f

【なぜイチローは筋トレを「否定」したのか?運動科学の専門家が解説】の続きを読む